【2019年93杯目】
久々に「二郎」を食べたい病が発症し「ラーメン二郎 千住大橋駅前店」へ
約2年3か月ぶりに再訪問してきた。(二郎備忘録:http://bit.ly/35bCUx6 )
公式Twitterアカウント: https://twitter.com/senjujirou26
20191004_114255

開店15分前に到着。すでに列は出来ており12番目に接続。
定員は11席の為、1回転目には間に合わなかった……Orz

ただ丸椅子があったので、順番になるまで座って待っていられた。
券売機で食券を購入してから待つ仕組みなので、

小豚 + 生たまご

の食券を購入。1回転目で一番最初に食べ終わった人と交代で入店。
入口で、ティッシュペーパーを入手。

食券をカウンターの上に置き。コールの確認が来るまで待機。
軒先の自販機で購入した「黒烏龍茶」もスタンバイ。
ワンオペだが、調理と片づけをテキパキと捌いていく店主。
20191004_111828

すると、最初に器に入った生たまごを渡されるので、セルフで割る。
20191004_112452

いよいよコールのタイミングとなり、

「ニンニク」「野菜」「ラー油」

をコール。列に並び始めてから、40分でご対麺。
20191004_113251

20191004_113254

スープ表層のアブラの層が厚い。非乳化ではないところが千住大橋店。
野菜の量が多いので、野菜を慎重に崩しながら、天地返しを徐々に敢行。
まずはスープから、口の周りがテカテカになる程のアブラの量と、
カネシの塩っけがかなり強い。これに豚の出汁が加わり中毒的な旨さ。

そして、結構な量の自家製麺は、デロデロに茹で上げられており、スープを
吸っていく。食べ終わるころにはスープが半分以上無くなっているので、
それが胃袋に収まっていることを考えると、、いや考えてはいけない。。

豚は、箸で持つと崩れるほどの柔らかさ。味も染みて旨い。
野菜は、ボイルしたてでシャキシャキの食感。スープに絡んで良いお味。

途中から卓上の一味唐辛子を投入し、ピリ辛に味変。
また、生たまごを溶いて、すき焼き風にしたり、最後はスープに投入し、
まろやか?にして食事終了。
列に並び始めてから、店を出るまで約1時間弱だった。
20191004_112555

食べ終わって店を出る時に、胃にズシンと来る重さがクセになる。。。



20191004_111537

20191004_111058

ラーメン二郎 千住大橋駅前店ラーメン / 千住大橋駅南千住駅北千住駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5