【2019年46杯目】
GWが最終日になり、半ばうつ状態であるが、ラーメンを食べたい欲求は変わらずで、
以前から気になっていた高田馬場にある家系の「馬場壱家」に初訪問してきた。
https://takadanobaba-babaichiya.business.site/
https://www.facebook.com/babaichiya

20190506_124646

WEBサイトなどを見ていると、開業が2014年との事で、激戦区の高田馬場で、
健闘していると思われる。

13時過ぎに訪問したが、ほぼ満席状態で自分が帰るときには列が出来ていた。
場所柄なのか、学生風の若いお客さんが多い。

スタッフは男性2名で元気が良く丁寧な接客。

最初に券売機で、

ラーメン(大)
もやキャベ
ホウレン草増し


の食券を購入。(合計1,000円丁度也)

ラーメンは「豚骨醤油」と「塩」があったが、「豚骨醤油」にしてみた。
食券提出時に作り方(麺の固さ、油の多さ、味の濃さ)を聞かれたので、
初回の訪問だったのでまずは「全部普通」で申告。
また無料サービスのライスの有無を聞かれたので、頂くことにした。

1ロット2~3杯の調理で、2ロット目となり、約12分で着丼。
席から厨房が見えるが、大きな寸胴でスープを炊いていた。
20190506_125917

20190506_125919

「もやキャベ」は別皿で提供。
20190506_125934

丼にスープが並々と注がれている。スープから飲んでみると、
思った以上のライトな仕上がりで、クセが無く万人受けする味だった。
これだったら、油多め、味濃いめでも良かったかもしれない。
そこで、卓上の「にんにく」と「豆板醤」でパンチのある味に変化。
またスプーン2杯までは無料の生タマネギを投入。
20190506_124833

20190506_124828

麺は家系でよく使われている中太タイプ。茹で方が柔らかめだったので、
これもカタメでお願いすればよかったと少し後悔。。。

具は、ホウレン草と、もやキャベでカサを増したので、スープを吸って、
麺の大と合わせて、食べ応え十分な一杯となっている。
チャーシューは、箸で持つと崩れるほど柔らかい。

途中からライスも頂く。スープを吸った海苔で巻いて食べると至福の時。
20190506_130000

カウンターには、きゅうりの漬物があり、箸休めに最適。
20190506_124847

ライスはお替り自由との事だったが、小生は一杯で十分だった。
横の席に座っていた若者は、お替りして都合三杯食べていたので、
その人の若さと自分の老いを感じてしまった……Orz

最後は胃が苦しくなりながらも完食。非常に満腹になった……。
もし次回再訪するときは「麺カタメ、油多め、味濃いめ」で食べてみたい。


馬場壱家ラーメン / 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1