インタラクティブ・セールス麺の備忘録

マスとデジタルメディアの広告営業マン。インタラクティブ・セールスマンが、セールス「メン(=麺)」となり、
麺類などB級グルメの食べ歩きを紹介しています。食べログレビュワーとしても登録。
旅行好きで47都道府県を訪問済み。温泉ソムリエ協会「温泉ソムリエマスター」認定者。
「Catari(カタリ)」みんなのお茶の間メディア | from TBS のカタリスト。
ブログは2014/6/1に開設。それ以前はFacebookに投稿していたものを遡っております。投稿数は1,500件を突破(2019年4月現在)

★ブログランキングに参加中です。クリックでのご支援をお願い致します!
食べログ グルメブログランキング  にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 

【2019年71杯目】
今回は、2016年12月以来となる町屋の「中華そば 虎桜」に再訪問してきた。
当時の投稿はコチラ:http://interactive-salesmen.blog.jp/archives/68130604.html

20190817_124706

メニューが豊富で、汁なしや、まぜそば等が気になったが、結局、、、

ワンタン中華そば 黒だし
レアチャーシュー丼


の食券を券売機で購入。店内はカウンター席とテーブル席があり盛況。
また小生が大事なポイントだと考える紙エプロンの完備。

8分程で着丼。
20190817_150019

深めの黒のスープに、ワンタンやチャーシュー、穂竹メンマの明るい
コントラストが綺麗。

まずはスープから頂く。動物系と魚介系のWスープでコクがあって旨い。
小生はあまり魚介が得意では無いが、こちらのスープは主張し過ぎていないので、
飲みやすい。また醤油がキリッとして口の中をサッパリとさせてくれる。
また、生姜を溶かすと、更にサッパリとした味になるので変化が楽しめる。

麺は中細のストレートタイプで「パッツン」とした食感。
スープを程よく受け止めて、スルスルの胃の中に入っていく。

ワンタンは、エビと肉が2粒ずつ入っており、ジューシーな餡。とくに
肉ワンタンは肉汁が出てきた。

チャーシューは、シットリとした鶏と豚の2種類。食べ応えがある。

久々に旨いスープまで飲み干した一杯だった。

一緒に注文した「レアチャーシュー丼」も頂く。
20190817_123254

こちらも鶏と豚のチャーシューが入っており、シンプルな味付けであるが、
満足できる料理だった。

久々に食べたが、改めて旨いと思ったラーメン店だった。再訪決定……(゚д゚)ウマー!!!!

20190817_122351

中華そば 虎桜ラーメン / 町屋二丁目駅町屋駅前駅町屋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

【2019年70杯目】
町屋で気になっていた「麺家 千祥」にやっと訪問してきた。
Twitter アカウント:https://twitter.com/machiya_sensho
Instagram アカウント:https://www.instagram.com/machiya_noodle_house/
20190816_134700

町屋駅から1分程度の場所にあり、周囲はラーメン店も多く激戦区になっている。

ガラス張りのお店は、店内の様子が窺い知れる。
張り紙などを見ると、店主は目黒の「麺家 黒」にいたそうで、今回地元の
町屋に凱旋してオープンしたとの事。

まずは店外の券売機で食券を購入。

千祥おすすめラーメン(大盛)

の食券を購入。950円也。
おすすめは、のり:5枚、チャーシュー:2枚、玉子、九条ねぎ、
ほうれん草が入り、オールスターな一品。

食券を店員さんに渡すときに作り方を聞かれたので、

麺:固め、味:濃め、油:多め

で注文。無料ライスの有無も聞かれたので、併せて「有」でお願いした。
紙エプロン完備。OFFだったので装着しなかったが、あると便利。
7分程で着丼。

20190816_133728

20190816_133732

まずはスープから頂く、ガラと水だけで炊いたという混じりっけ無し
とのことで、確かに濃厚で良い出汁が出ている。味濃め、油多めに
したので、よりパンチのある味に仕上がっている。

麺は中太タイプで、大盛でもスープとのバランスが良いの余裕の量。

チャーシューも本格的な仕上がり。玉子は大ぶりのサイズで中身は半熟。

これにスープに浸した海苔を、ライスに乗せて頂く。またスープをかけて、
おじや風にして食べても旨い。
カウンターの上には、キュウリの漬物もあり、箸休めには最適。

卓上には、ニンニクと豆板醤以外に、生姜もあり、入れるとサッパリと味変。
最後まで楽しむことが出来た。

久々に、なっちゃって家系ではなく、本格的な家系ラーメンに出会えた。
味とコスパもさることながら、接客も店内の雰囲気も良いので再訪決定。
次回は味と油は普通で食べてみたい……(゚д゚)ウマー!!!

20190816_133001

20190816_133012

麺家 千祥ラーメン / 町屋駅前駅町屋駅荒川七丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

【2019年69杯目】
亀戸に行く機会があり、麺ランチでお店を探していたところ、
「濃厚タンメン かめしげ」というお店があり、野菜も摂りたかったので、
この店に決定。早速訪問してみた。
Twtitterアカウント:https://twitter.com/tanmenkameshige

20190812_123555

元々、「ごっつ」があった場所。(「ごっつ」は近所に移転済み)
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13083270/
店内に入るとカウンターのみ。料理のビジュアルや説明書きを見ると、
「東京タンメン トナリ」を思い出す。http://www.tanmen-tonari.com/

メニューは豊富でどれにしようかと悩んだが、、、
20190812_123855

麻辣タンメン+からあげセット

の食券を購入。食券提出時に「生姜」と「ニンニク」の有無を聞かれたので、
もちろん両方とも「有」でお願いした。無料の半ライスは見送った。

7分程で料理が到着。

20190812_124650

20190812_124655

如何にも濃厚そうなスープに、麻辣餡がタップリと掛かっている。
とても美味しそうなビジュアル。

まずは麻辣餡を避けて、スープだけ飲んでみる。想像通りの動物系の
濃厚に炊きだされた白湯。野菜の旨味も溶け込んでおり、これだけでも美味。

続いて麻辣餡をスープに溶かしながら頂くと、辛さと痺れがガツンと来る
味に変化。ジワジワと来る辛さ。塩分濃度は高くなっているが、それも一興。

更に「生姜」と「ニンニク」を溶かすと、更に味が変化。何度も味変が楽しめる。

麺は、中太タイプで、この重厚なスープを受けて止めている。


そして炒め野菜は、人参、キャベツ、もやし、とうもろこし、ニラなど種類が
豊富で食べ応えがある。
20190812_123847

そして、セットで注文した。「からあげ」を頂く。
20190812_124333

生姜醤油が効いており、ジューシーな一品。ラーメンに+120円で、
3個も付いてくるのはお得。

どうしても「トナリ」のイメージから離れないが、この「麻辣」は、
良かった。機会があれば再訪決定……(゚д゚)ウマー!!!!!

20190812_123903

濃厚タンメン かめしげラーメン / 亀戸駅西大島駅亀戸水神駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

夏になるとカレーを食べる頻度が多くなり、今回もカレーを食べに、
南千住の「インドレストラン Phulbari (フルバリ)」に訪問してきた。
味・コスパともに良いので、以前から利用している。

20190811_133127

メニューの種類も豊富だが、食べるセットはいつも決まっており、、、
20190811_125532

フルバリスペシャルセット

を注文。

カレーが2種類選択でき、チキンティッカ、シシケバブ、ドリンクが付き、
ナンは、普通の以外に、ガーリックナン or ゴマナンが選べる。(お替りは普通のナン)

カレーは「キーマ」と「ポーク」で大辛を選択。※ポークがあるのは珍しい。
ナンは「ガーリックナン」、ドリンクは「ラッシー」にした。

7分ほどで料理が到着。
20190811_130239

20190811_130107

ナンが特大サイズ。「モチッ」と、「カリッ」としたところがあり、
最後まで飽きずに食べることが出来る。

カレーは、モッタリとした粘度のあるタイプで小生好み。スパイスも効いている。
大辛にしたので、ジワジワと辛さがやってくる。

チキンティッカ、シシケバブは小ぶりなサイズながらも味付けが
シッカリとされている。

ナンは、ハーフナンをお替りで追加。ついつい食べ過ぎてしまう。

あっという間に食べてしまい、最後はラッシーで口の中をサッパリとして退店。

普段使いには最適の店……(゚д゚)ウマー!!!!

インドレストラン Phulbari 南千住駅前店インドカレー / 南千住駅三ノ輪橋駅三ノ輪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

【2019年68杯目】
今年も灼熱の夏となり、麺類は食べたいがラーメンは熱いので、
普段はあまり食べない「つけ麺」が食べたくなった。。。
町屋駅近くに「つけ麺屋 あら田」というお店があったので初訪問してみた。

ネットで事前に調べると、同じく町屋の中華屋「天元」の姉妹店との事。
「天元」には何度か行ったことがあるので、期待が高まる。

20190804_121231

店内はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席に座った。
日曜日のお昼時という事もあり、ほぼ満席で盛況だった。

メニューを見ると「つけ麺」と「らぁめん」があり、どちらも種類が豊富。
20190804_114950

肉つけ麺(中盛:300g)
焼餃子


を注文。混雑していたこともあり、10分程で料理が到着。

20190804_115816

20190804_115820

20190804_115825

パスタの様なモチモチとした麺を、スープにつけて頂く。
スープは、魚介豚骨醤油で、甘酸っぱい味付け。酸味が効いているので、
スルスルと食べることが出来る。中盛300gでも余裕の量。+100円払って、
大盛400gでもイケたかもしれない。

豚バラ肉とネギとモヤシがたくさん入っており、食べ応えがある。
小生的には、つけ麺は具材が多く入っていた方が好みである。

20190804_115628
続いて焼餃子を頂く。1個のサイズが大きい。モチモチとした食感で、
餡の下味もシッカリとついておりジューシー。これで290円はお得。

つけ麺は麺を食べた後は、卓上にあるポットからスープ割を投入。
口の中をサッパリとして完食。再訪決定……(゚Д゚)ウマー!!!!!

つけ麺屋 あら田つけ麺 / 町屋駅前駅町屋駅町屋二丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

柴又に行く機会があり、たまたま土用の丑の日だったので、
鰻が食べたくなり、老舗の「川千家」(かわちや)に訪問した。
過去のスケジュールを見ると、7年前の2012年5月に訪問した記録が
残っていたが、残念ながら記憶には全く残っていなかった……Orz

20190728_115335

11時過ぎに入店したが店内は、8割以上埋まっており、その後も続々と
お客さんがやってくる。

この日は物凄く暑かったので、まずはビールで喉を潤してから料理を注文。

アテは「骨せんべい」を選択。ただの骨なのに何故か旨くて止まらなくなる。
20190728_112050

サッパリ系で「うざく」を頂く。初めて「うざく」を食べた時は、
コッテリとしたタレの鰻と、酢のものがマッチするとは思わなかった。
20190728_112101

そしてメインは、

うな重(竹)

を注文。3,600円と鰻は高級食になってしまった事を改めて実感。。。

20190728_113650

20190728_113655

甘辛いタレに身を纏った鰻は、フワフワの食感。久々に食べた気がする。
肝吸いも良い出汁が出ている。

あっという間に食べて完食。大満足な豪華ランチだった……(゚д゚)ウマー!!!!

20190728_111757

20190728_111820

20190728_111826

20190728_111904

川千家うなぎ / 柴又駅新柴又駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

【2019年66杯目】
またご縁があって荒川区に戻ってきたので、当時よく通っていた、
三ノ輪の「ジョニーの味噌」に、約1年8か月ぶりに再訪問してきた。
(過去の備忘録はコチラ: http://urx2.nu/psvs

店舗の看板がスタイリッシュになっていた。パッションある店主は健在。
20190727_135429

券売機で、

辛味噌ドッカン!全部盛り

の食券を購入。1,300円オーバーであるが、全部盛りなので当然
店内が混んでいたので、15分程待って着丼。

20190727_141144

20190727_141147

メニュー名に相応しい盛りっぷり。以前と比べると、炒め野菜になっている。
スープは、粘度のあるコッテリとしているが、豚骨と味噌のバランスが絶妙。
そして、辛味噌も以前より辛さと、スパイシーさが増していた。
相変わらず、塩分濃度は高い。

麺は、うどんのような極太自家製麺。非常に食べ応えがある。

そして、シャキシャキに炒められた野菜、シットリとしたローストポークなど。
ジョニーは、このチャーシューが何といっても旨い。訪問する度に進化している。

途中から、卓上にあるニンニクでパンチある味に変化。
無料のライスまで到達しなかったが、満足できる一杯だった。

20190727_140330

また近所になるので、通ってしまうだろう……(゚Д゚)ウマー!!!

手打ち極太麺 ジョニーの味噌ラーメン / 三ノ輪橋駅荒川一中前駅三ノ輪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

町屋にはジャンボ餃子の店があり、そのお店が経営している居酒屋の
飲み処 餃子は一龍」に初訪問してきた。
軒先から店内まで、すべて綺麗で、いつオープンしたのか聞いたところ、
今年の3月との事。カウンター席とテーブル席が用意されている。
そして店内には訪問した芸能人などの写真やサインが貼られていた。

まずはビールで喉を潤し、、、
20190725_194544

お通しは、玉子豆腐が一丁。
20190725_194604

以下の料理を一気に注文。料理の感想をちょっと記載。

「大根サラダ」は、いくつかあるドレッシングから選択できる。
思ったより量が多くコスパが良い。
20190725_194746

「シューマイ」は、タマネギと肉のみでシンプルであるが、ジューシー。
20190725_194828

「太切りメンマ」は箸休めに最適。
20190725_194943

本日のおすすめだった「空心菜炒め」は、ニンニクと唐辛子が効いて、
スパイシーに仕上がっていた。シャキシャキの食感。
20190725_195134

「鶏の唐揚げ」は生姜ベースで竜田揚げのような食感だった。これも量が多い。
20190725_195255

そして最後は名物の「びっくり餃子」で、店員さんがハサミでカットしてくれる。
カットされて正味10個なので、2名であれば十分な量である。
ザクザクと粗く切られた野菜と、ジューシーな肉との餡のバランスが良い。
皮はモチモチとしている。
20190725_200033

これに一杯、400円台のチューハイとサワーを飲んでお会計をしても、
激安だった。流石、下町のハイパフォーマンスは素晴らしい。。。

また通いたくなる店を見つけてしまった、再訪決定……(゚Д゚)ウマー!!!!

20190727_104508

20190725_194447

20190725_194456

20190725_194504

飲み処 餃子は一龍餃子 / 町屋二丁目駅東尾久三丁目駅町屋駅前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

【2019年65杯目】
2019年も7か月が経ったが、天一に行っていない事に気付き、
久々に食べたくなって赤坂の「天下一品」に訪問してきた。

今回は、

チャーシュー麺(大) + 青ネギ

で注文。(1杯1,000円オーバー。。。)スープは当然の如く「こってり」で。
5分程で着丼。

20190726_133908

いつもブログに書いている事だが、再掲。

ポタージュの様なドロリとして、コッテリした鶏ベースのスープは健在。
自分の場合は、いつも「からし味噌」と「辛子にんにく」を大量投入する。
(食後はブレスケアが必須!)
初めて食べた時は衝撃を受けたが、定期的に食べたくなるクセのある味だ。
20181227_112213

20181227_112233
麺は中細ストレートタイプ。チープ感がこのスープには合っている。
麺大の量で、スープとのバランスは丁度良い。

老いを感じるのか、以前は出来たスープまでの完飲は出来なかったが、
十分に満足出来た一杯だった……(゚Д゚)ウマー!!!!!

https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13195122/

天下一品 赤坂店ラーメン / 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

【2019年65杯目】
先月の6/30に初訪問した赤坂の「麺屋 庄太」が美味しかったので、
今回は違うラーメンを食べてみようと思い再訪問した。

軒先にクーポン券があり、チャーシュー2枚 or ネギサービス等と
記載があったので、ゲットして入店。

券売機で、

家系らぁ麺(並) と 青ネギ

の食券を購入。店員さんに食券とクーポン券を渡し、
チャーシュー2枚を申告。

ランチタイムは小ライスが付けられるとの事だったのでお願いした。
紙エプロンを装着して待機。6分程で着丼。

20190724_120051

20190724_120054

今回のネギ盛りもなかなかの盛り具合。150円分の価値はある。
前回食べた「らぁ麺」と比べると、鶏油が効いており、明らかに異なる。
コッテリとしたスープは健在だが、小生的には豚骨が前面に出ていた、
「らぁ麺」の方が好きだった。

麺は太いが極太という程ではなく、このスープにはちょうど良い感じ。
チャーシューは低温調理でシットリした味わい。食べ応えがある。

途中で卓上の自家製唐辛子を投入して、チョイ味変。
20190724_115618

そして家系ラーメンには、やはりご飯が合う。
20190724_115906

今回も美味しく完食。次も他のラーメンを食べてみたい……(゚д゚)ウマー!!!


麺屋 庄太 赤坂店ラーメン / 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

【2019年64杯目】
1年7か月という短い期間だったが、高田馬場界隈を離れることになり、
〆のラーメンは、この地域で最も食べた「末廣ラーメン本舗」に決定。
(過去の備忘録はコチラ ⇒ http://ur2.link/ZArR

20190719_121036

今回は贅沢に、、、

末廣塩中華そば(大)+チャーシュー
+ヤキメシ1/2黄身のせ

の食券を購入。並・大・特大が同料金の為、「特大」としたかったが、
ヤキメシを食べるので「大」を選択。10分程で着丼。
20190719_115919

20190719_115924

卓上の丼に置かれたネギをラーメンに大量投下。
20190719_115952

20190719_115955

※以下、毎度の感想の為、ほぼコピペ。

「塩」といっても、スープは透明ではなく、醤油ほど真っ黒ではないが、
スープのベースであるブラウンの色になっている。
カエシが塩の方が、醤油より濃くなく、スッキリとした味に仕上がっている。

中細のストレート麺は「パツン」とした食感で、スープにマッチしている。
後半になると、最初に投入したネギがスープを大量に吸っており非常に美味しい。

薄くスライスされたチャーシューをネギに巻いて食べる。

20190719_120206

醤油由来のやきめしは、ベチャっとしているが、パラパラ感は皆無であるが、
これはこれで旨い。玉子、ネギ、チャーシューが入っている。
途中で黄身を崩して、味変。量は通常の半量で、麺と食べると適量。

また高田馬場に来る機会があれば是非とも再訪したい……(゚Д゚)ウマー!!!!

20190719_115443



末廣ラーメン本舗 高田馬場分店ラーメン / 西早稲田駅高田馬場駅面影橋駅
昼総合点★★★★ 4.0

【2019年63杯目】
汐留に行く機会があり、美味しい中華の店があるとの事で、カレッタ汐留の
「精作名菜軒 湘坊 (SHAN FANG シャンファン)」に連れて行ってもらった。

昼時に訪問したが、行列が出来ているほどの人気店だった。

ランチメニューの

四川担々麺

を注文。10分程で料理が到着し、ご対麺。

20190716_123305

濃厚な胡麻の味と、上品な清湯スープ。そして適度な痺れが効いており旨い!
麺も細麺でスープによく絡んでいる。クセになりそうな一杯だった……(゚Д゚)ウマー!!!!

精作名菜軒 湘坊上海料理 / 汐留駅築地市場駅新橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

以前から、気になっていた高田馬場の「キッチン谷沢」に初訪問してきた。
20190715_120101

店構え、店内の雰囲気は、レトロ&老舗を感じさせる。店内はカウンター席と、
奥にテーブル席があり、テーブル席に座った。テーブル越しがキッチンで調理風景が、
間近で見ることが出来る。

メニューを見ると、ハンバーグ、フライ、ステーキなど様々あり、非常に悩む……。
20190715_120218

結局、物凄くお腹が減っていたので

「500gハンバーグステーキ」をセット

で注文。(1,900円也)

注文が入ると、冷蔵庫からハンバーグのタネが出されて、500gの巨大な塊を成型して、
フライパンでサッと焼き目を付けてから、オーブンに投入。最後は熱された鉄板に、
インゲン、フライドポテト、コーンを盛り付け、ハンバーグを乗せて、仕上げにソースを
掛けて完成。この間10分程の手際の良さ。

20190715_121535

付け合わせの野菜を覆いつくし、更には鉄板に目いっぱいのサイズでまさに理想形。
更にはチーズが乗っていた。これに、ライスと味噌汁がセットとなる。

20190715_121537

ハンバーグにナイフを入れると、サクッと入り、肉汁が溢れ出る。フワッとした食感。
デミグラスソースが、タップリと掛かっており。ちょっと酸味が効いている。

500gだったが、ペロリと食べることが出来た。大満足なランチだった……(゚Д゚)ウマー!!!!

【2019年62杯目】
以前から気になっていた西早稲田の「名古屋うどん」に初訪問。
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13010878/
20190713_120438

営業時間を見ると、11:30~16:00で、定休日は日曜と第2・4の土曜となっていた。
店内に入るとテーブル席が数席。昔ながらのお店で懐かしい雰囲気がする。

メニューを見ると、きしめん、鍋うどん、ご飯ものと多くの種類があり、
きしめんにしようと思ったが、、、

辛味噌うどん定食(麺大盛)

を選択した。単品の麺に+50円すると、半ライスとお新香が付いた定食になる。
麺大盛は+150円で可能。10分以内に料理が到着。

20190713_121450

20190713_121453

うどんが、土鍋でグツグツと煮込まれている。
アッサリめのだし汁に、唐辛子が効いており、チゲのスープになっている。
うどんは、名古屋の様なコシのある固いタイプではなく、通常のもので、
スープを吸っていた。
具材は、豚肉、はくさい、ねぎ、わかめ、タマゴとシンプルな構成。
最初は平気だったが、徐々に辛さを感じるようになり、途中から、ライスと
交互に食べ進める。お新香も箸休めには最適。

あっという間に食べてしまった。次はきしめんを食べてみたい。

20190713_120824

20190713_120738

20190713_120741

20190713_120754

20190713_120757

20190713_120806

20190713_120810

名古屋うどん 早稲田本店うどん / 面影橋駅早稲田駅(都電)西早稲田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

【2019年61杯目】
今日は最近ハマってしまった、高田馬場の「一番飯店」に今年3回目の訪問。
 
一番飯店オフィシャル (@ichibanhanten) · Twitter
https://twitter.com/ichibanhanten

20190707_122718

今回も2階へと案内された。昼前に入店した時は空いていたが、出る頃には、
ほぼ満席になっていた。席に座ると、お冷と布のおしぼりを出してくれる。

今回は、

タンメン
チャーハン
餃子(6個)


を注文。(食べ過ぎw)手際よく、数分以内に料理が続々と到着。

20190707_120636

20190707_120642

まずはタンメン。まさに昔ながらの王道タンメンといったビジュアル!
スープを飲んでみると、清湯ベースのアッサリとしながらも、ニンニクが
ガツンと効いている。そして野菜の甘みが溶け込んでおり旨い!!!!!!!!!!
タンメンというと、アッサリで味も薄く少し物足りない場合もあるが、
こちらのお店のタンメンは、それを全く感じさせない。強い(笑)

麺は中細の縮れたタイプでスープによく絡む。
量が多いので、食べるペースがのんびりな方は、カタメで注文すると
良いかもしれない。

具は、もやし、キャベツ、ニラ、キクラゲ、豚バラなどで、
シンプルながらシャキシャキの炒め具合が絶妙。

スープまで完飲出来る程、久々に旨いタンメンを頂くことが出来た。

続いて「チャーハン」を頂く。
パラパラに仕上がっており、シンプルな具材、味付けながらも秀逸。
ラードを使っているのだろうか、コクがあって、後を引く味。
20190707_120827

20190707_120831


そして「焼餃子」は、一粒のサイズが大きい。これで420円はお得。
一口では食べきれないので、噛み切るようにして食べるのだが、その際に
肉汁が溢れ出る。これだけでもお腹いっぱいになる量。
20190707_121023

今回も満腹になるほど食べてしまったが、満足は他のどの店よりも高い。
大事にしていきたい店である……(゚д゚)ウマー!!!!!


一番飯店中華料理 / 高田馬場駅下落合駅西早稲田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

【2019年60杯目】
今年の3月に早稲田で、J系のまぜそばの店がオープンしたとの事で、
遅ればせながら「恵比寿ブタメン」早稲田店に初訪問してきた。

11:15頃に到着したが、オープンが11:30だったようで周辺で暫し待機。
その間に、本店は千葉県の大綱という場所にあるとの事だが、店名である
「恵比寿ブタメン」の由来を公式ホームページで見たところ、
https://www.ebisubutamen.com/

※以下、引用
 遡ること2009年頃、恵比寿のとあるバーにて、煮豚を作って野菜と一緒におつまみとして
出していたところ、お客様から「麺を入れて欲しい」と言われ、うどんの乾麺を固めに茹でて出したのが
「恵比寿ブタメン」の始まりでした。
なので、「恵比寿」の文字が屋号に使われているのは、
初めて商品になった場所の地名と、商売の神様である恵比寿様にあやかった名前でもあるのです。

との事で、J系のようであるが、J系であらずとったところだろうか。。。

11:32に入店。一番乗りだったが、その後、12時までにほぼ満席となった。
店内はカウンター席のみ、黒を基調としており、清潔感がある。
20190706_115331

券売機で、

味玉ブタメン(大)

の食券を購入。(麺量は、小:150g、中:200g、大:300g、特大:400g)
食券提出時、店員さんに無料トッピングの

ニンニク、ヤサイ、アブラ

をコール。ヤサイはデフォルト200gで、増しで400gだったが挑戦してみた。

20190706_113418

紙エプロンがあったので装着。水はセルフサービス。
7~8分程で着丼。提供直前まで丼は温めており、またチャーシュー、
味玉も湯煎をされており、仕事の丁寧さが伺える。
20190706_114051

20190706_114059

上から見ると量が分かりにくいので、横からのアングルは、なかなかの山。
「まぜそば」との事であるが、スープが丼の半分くらい入っていた。

慎重に天地返しをして、やっと食べ始める。
まずは、スープは油分が分離しており、クリアなブラウンの色をしており、
豚骨ベースで少し甘め。ギトギトした感じではなく、飲みやすい。
ただ、まぜそば仕様のスープなので塩分濃度は高い。

麺は平太タイプで、カタメに茹で上げられており、ゴワゴワとした食感。
食べ応えはあるが、スープの味がシッカリとしているので、スルスルと入り、
300gでも余裕で食べられてしまった。

ヤサイは、ほぼモヤシで、若干キャベツが入っていた程度だったが、
シャキシャキの茹で具合は良かった。

チャーシューは、こちらのお店のウリだそうで、柔らかく調理された角煮は、
これだけでおかずになる程の旨さ。2個入っていたが、この量で充分だった。

味玉はゼリー状の仕上がりで、味が染みており、ちゃんとした味玉だった。

後半になると味が単調になってきたので、卓上の調味料で一味を投入し味変。
20190706_113504

麺と具を食べきったところで、ポットに入った「いわしの割りスープ」を投入。
いわしの風味が効いており、口の中をサッパリとさせてくれた。

非常に満足な一杯だった。ガッツリと食べたい時は再訪決定……(゚д゚)ウマー!!!!

 恵比寿ブタメン早稲田店【公式】 (@BUTAMEN0316) | Twitter
https://twitter.com/butamen0316

20190706_113450

20190706_113436

恵比寿ブタメン 早稲田店油そば / 早稲田駅(メトロ)牛込柳町駅早稲田駅(都電)
昼総合点★★★☆☆ 3.4

【2019年59杯目】
今年も半分が終わることになり、この半年で食べたのは59杯と、
毎月約10杯のペースだった。前年同時期では、85杯だったので、
明らかに少ないが、良い感じに体重も落ちているので良しとしたい……。

週末だったが赤坂に行く機会があり、先日オープンして気になっていた、
麺屋 庄太」に初訪問してきた。 
20190630_130535

以前、この場所にあったラーメン店としては、
・赤坂三丁目家ラーメン:http://interactive-salesmen.blog.jp/archives/75244303.html
・ジロリアン:
http://interactive-salesmen.blog.jp/archives/65876877.html
などあったが、短期間で閉店してしまった。。。

しかし、こちらの「麺屋 庄太」は、Twitterの公式アカウント
https://twitter.com/shota_akasak )からの引用で、

「TRY大賞9年連続受賞!!! 日本一の豚骨らーめん屋を目指す、
横浜・六浦の麺屋 庄太が、満を持して都内初進出!」


との事で期待が高まる。

券売機前で、ラーメンの種類がいくつかあり、若干迷ったが、、、

らぁ麺(大) と ネギ盛り

の食券を購入。900円+150円=1,050円と1,000円オーバーの一杯となった。
食券を店員さんに渡し、カウンターのみの席に着席。6分程で着丼。

20190630_131237

20190630_131243

ネギ盛りのなかなかの盛り具合。150円分の価値はある。
丼の中には麺がギッチリと入っており、ネギをスープに沈めて、
更に天地返しをして頂く。

見た目は、家系の豚骨醤油であるが、味は若干異なり、豚骨の風味が強い。
粘度があり、コッテリとして、小生にとって好みの味で旨い!

麺は太いが極太という程ではなく、このスープにはちょうど良い感じ。
大で量は多いが、スープの味が濃いので、スルスルと入る。

穂先メンマは、コリコリとした食感で箸休めに最適。
チャーシューは低温調理でシットリした味わい。もっと食べたいと思った。

後半になると、麺が多いせいか、スープが足りなくなってきてしまった。
美味しいスープなのでもっと多いと嬉しい……。

途中で卓上の練り唐辛子を入れて味変。
20190630_130733

久々にスープまで完飲してしまった。
ラーメン激戦区の赤坂に、また通いたい店が誕生した。
次はコスパも考慮して他のラーメンを食べてみたい……(゚д゚)ウマー!!!

麺屋 庄太 赤坂店ラーメン / 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

【2019年58杯目】
用事で池袋へ行くことになり、ランチはラーメンに決定。
以前から気になっていた「背脂らーめん 宮本」に初訪問してきた。

20190629_133358

券売機を見てみると、メニューの種類が豊富で迷う……。
一番オーソドックスな「背脂醤油」にしようとしたが、

背脂ック

という名前で料理の写真とともにあったので、思わずその食券を購入。
1杯1,000円ジャストのラーメンで、久々の1,000円台。
店員さんに提出すると「ライス」or「麺大盛」が無料と言われたが、
どちらもやめておいた。

紙エプロン完備。約7分程で着丼。
20190629_134143

20190629_134150

もやしがなかなかの盛り具合。マー油で見えにくいがスープの表面は
背脂がビッシリと覆っている。見た目からしてテンションが上がる一杯。。

まずはマー油を避けてスープだけ飲んでみる。動物系で背脂の甘みが強い。
すぐにマー油が混ざってしまって、真っ黒なスープに変化してしまった。
すると、マー油の味が強くなってしまい、その味だけになり惜しい感じに。。。
卓上の一味唐辛子を入れて味変。

麺は極太タイプで、ゴワゴワとした食感。食べ応えがある。

チャーシューと味玉は普通。野菜(=もやし)の量が多いので、満腹感は強かった。

サクッと食べて退店。次回は「背脂醤油」にしてみたい……。

20190629_133541

20190629_133900

宮本 西池袋店ラーメン / 池袋駅北池袋駅東池袋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

高田馬場界隈は、とんかつの激戦区となっており、食べログで
「高田馬場 x とんかつ」で調べると高得点の店舗が多数登場する。
https://tabelog.com/tonkatsu/tokyo/A1305/A130503/rank/

そこで今回はその中から、駅前の「とん久」に初訪問してきた。
20190623_123721

日曜昼過ぎの訪問で、8割程度の埋まりぐらいだっが、退店するときには、
列が出来ていた。店内はカウンターとテーブル席があった。

ランチメニューは複数あったが、暫し考えた後、

合い盛り定食(ヒレとロース)
+メンチ


を注文。
すると店員さんから「とん汁」か「しじみ汁」を選ぶように言われたので、
「とん汁」をチョイス。そこから15分程待って料理が到着。

20190623_121436

20190623_121447

3種類並ぶとなかなかのボリューム感である。卓上には、

・特製ブレンドソースと普通?のとんかつソース
・しょうゆ味とトマト味のオリジナルドレッシング
・薬味

などがあり、ソースとドレッシングはすべて利用してみた。

20190623_120147

とんかつの衣は、キメが細かく、薄くつけられ揚げられている。
その為、油感は少なく、非常に食べやすい。
ロースは思っていたよりも脂身は少な目だったが脂身の甘みが感じられる。
特筆すべきだったのがヒレで、箸でも切れる程の柔らかさ、そして、
噛めば噛むほど肉の旨味がして、絶品だった。
メンチは、ジューシー&ニクニクシイ感じで、食べ応えが十分だった。

特製ブレンドソースは、普通の?とんかつソースと比べて、酸味が
ありながらも甘みもあり、好みの味だった。
また、ポン酢の大根おろしも添えられており、味変には最適。

ドレッシングは、「トマト味」より無難な「しょうゆ味」が好みだった。

ごはんとキャベツは1回だけお替り無料との事だったのでお願いした。

付け合わせのスパゲティも良い仕事をしており、ケチャップたっぷりの味付け。
これだけでも、おかずになる。

箸休めには、お新香で口の中をサッパリと味変。
20190623_120024

食べ終えた時には満腹になってしまった。
お会計は、1,400円+400円=1,800円と豪華なランチになってしまったが、
満足できる内容だった。次は、ヒレをメインに食べてみたい……(゚д゚)ウマー!!!!

20190623_115940

20190623_115953

20190623_115944

とん久とんかつ / 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

【2019年57杯目】
銀座・新橋界隈に用事があり、ランチはラーメンと決めていたが、
店は決めていなかった。新橋を歩いていると「しお福」の看板を見つけ、
自分のブログでいつ以来か調べたところ、2014年5月の記録があり、
約5年ぶりだったので、再訪問してみた。
20190616_121125

【2014年125杯目】しお福(新橋)
http://interactive-salesmen.blog.jp/archives/7533757.html

店内はカウンターとテーブル席で、年数相応の雰囲気になっていた。
券売機にて、何が盛られているか分からなかったが勢いで、
20190616_121720

豪快盛りわんたんめん

の食券を購入。(1,000円也!)
食券を店員さんに渡すときに、

スープ「塩」or「醤油」、麺「太麺」or「細麺」、大盛無料を選択出来るので、

「醤油」「太麺」「大盛」

で注文。その際に「ご飯」の無料サービスがあると言われたが見送った。
10分程で着丼。

20190616_122156

20190616_122159

わんたんの他に、鶏の唐揚げ、肉、ネギ、味玉が盛られていた。
確かに豪快といえば豪快で、メインのわんたんが他の具で隠れてしまった。

スープから頂くと、アッサリとした鶏の清湯ベースで飲みやすい。
醤油は甘めの味。パンチを強くするために卓上の胡椒と一味を追加して味変。
20190616_121403

太麺は、パスタのようなツルツルとした食感で、小生的には合わなかった。
このアッサリ目のスープであれば、細麺にしておけばよかったと後悔……Orz
太麺には、スープに味が濃かったり、粘度の高い方が合っていると思った。
とはいえ、注文してしまったので、シッカリと最後まで食べた。

わんたんは、大きめで食べ応えがあり、4個で十分だった。

唐揚げは、片栗粉を纏い、にんにく醤油の下味が効いていた。
煮付けられた肉は特段コメント無し。味玉は半熟のゼリー状だった。

5年前に食べた、塩味と比較して、こちらの店は、「塩」x「細麺」で、
飲んだ後の〆には向いていると思った一杯だった……。

20190616_121409

20190616_121415

20190616_121420

20190616_121430

しお福ラーメン / 新橋駅汐留駅内幸町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1